不動産売却査定は2種類!どちらを選ぶのがおすすめ?

2020-06-04

不動産の査定では、簡易査定(机上査定)訪問査定という2種類の方法があります。

簡易査定(机上査定)は、査定額をすぐに算出可能

簡易査定(机上査定)は、物件の簡単な情報をデータに照らし合わせ、大まかに査定額を算出する方法です。

訪問査定よりも査定額はアバウトで、最大100万円前後の誤差が生じる場合があります。

しかし、過去の膨大な取引データと最新の市場動向を加味して価格を付けてくれるので、査定額は信頼できます。

簡易査定の申し込みで入力する項目は、下記の通りです。

住所
種別(マンション/戸建てなど)
現況(居住中/空室など)
物件と申込者の関係
専有面積
間取り
築年数

訪問査定では、訪問調査で詳しい査定額を算出可能

訪問査定は、不動産会社の営業マンが実際に売りたい物件を訪問し、査定を行います。

内部の状態もチェックできるので、簡易査定より正確な価格を算出できます。

しかし、訪問査定の場合、スケジュールの設定が必要です。立ち合いや簡単な物件の説明を求められることもあります。

不動産を売却する場合は、必ず訪問査定を行います。

2020-06-04基礎知識

Posted by はじめてのマンション売却