不動産も種別によって価格変化?

最近思うのが、一口に不動産といっても立地や種別(住居、オフィス、ホテル、倉庫など)によって

大きく価格差が出ていると感じます。

今回は住居(マンション)について考察します。

現在、都心、最寄り駅から徒歩10分以内の好立地の物件はとにかく高いです。一方では郊外の物件には値が付かない場合もあります。

ただし、既に人口減の日本です。長い目で見ればいわゆる都心はどんどん小さいエリアになっていくと思います。

私が住んでいる神奈川県某市は空き家が目立ってきました。

東京ではなく、神奈川県内のかつて栄えたベッドタウンなどは今後需要が少なくなっていくんだろうなあと感じます。

皆さんはいかがお考えですか?

 

<a href=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3B76J2+LOVE+3W8M+5YRHE” rel=”nofollow”>ノムコムの不動産無料査定</a>
<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www13.a8.net/0.gif?a8mat=3B76J2+LOVE+3W8M+5YRHE” alt=””>

 

Follow me!